秋の登山の服装と装備、初心者が準備に必要な最低限の物

2018年10月20日

山の天気は変わりやすいとよく言います。暑い夏が終わり秋になれば、

山の様子も変わってきます。

昨日まで、夏の様に暑かったと思ったら、急に寒くなったりもします。

 

ふらっと街に出かける様な装備で出かけて、

酷い目にあったなんて人がたくさんいるのです。

 

くれぐれも、Tシャツ、短パン、スニーカーで出かけない様にしましょう。

という事で、今日は秋の登山の装備という事でお伝えします。

 

暑くなったり、寒くなったり、寒くなる事も想定にいれて、

準備するのがコツです。もし、暑ければ、脱げばいいだけ。

では、早速お伝えします。

スポンサーリンク

秋の登山の装備、服装、初心者が準備すべきアイテム

山の天気は変わりやすいという事で、重ね着をしましょう。寒ければ防寒対策、雨が降れば、雨の対策ができます。暑ければぬげばいい。

服装

アウター、ナイロンウインドブレーカー


malodylee(マロディーリー) 迷彩 ウィンドブレーカー ナイロン パーカー
まず、これがあれば、急な寒さや、急な雨も凌ぐ事ができる。フードが付いているので急な雨にも対応できる。雨は急激に体温を下げる。

ミドルレイヤー

保温性を保ちます。暖かい空気を閉じ込めておく役割を保ちます。気候の変化に合わせて調節できる様に、重ね着をする事をレイヤリングと言います。フリースなどを着込みます。軽くて暖かいがベストですね。


SHINMEN【ブロックフリースジャケット】(保温性・軽量・秋冬用)

ベースレイヤー

汗を吸収して外に出す役割で着るものです。肌に直接触れるレイヤーをベースレイヤーと言います。長袖の物がいいでしょう。


762MPH(762エムピーエッチ)スポーツ 高機能 クール コンプレッションウェア

レインパンツ

雨が降ってきた時にズボンに雨の侵入を防ぐ役割を保ちます。ズボンが濡れたら、風邪をひいてしまいます。持っておいて損はないでしょう。使わない時は、ザックに入れておきます。


(カジメイク)Kajimeiku 3222 レインパンツ

トレッキングシューズ

山のデコボコの斜面でも、滑りにくく、通気性のいい、動きやすいシューズも必要ですね。


(シャングアン) XIANG GUAN  トレッキングシューズ メンズ

ザック

荷物は背負って、手はいつでも使える様にする必要があります。なので、ザックは必需品ですね。防水の物を選びましょう。海外旅行にも持っていけるので、1つあれば便利ですね。


Advocator 防水 防災 登山リュック

ゲイター

雪や小石が靴の中に入ってくるのを防ぐ役割をします。あれば、とても便利です。


(マムート) MAMMUT ユニセックス ゲイター

持ち物

秋という季節とは関係ないけど、山登りするんであれば、持って行きたいアイテムを紹介します。持って行くのが面倒ですが、いざという時、あればとても便利です。

コンパス

方角が分からなくなった時の為に持っておく。そんな高級な物は必要ない。

方角が分かればいい。


Jisoku コンパス 方位磁石 方位磁針 (コンパス)

非常食

万が一の事があった場合、これがあれば、数日は耐える事ができるので、

持っておきたい物です。私はチョコレート味がオススメです。


大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート 4本×10個

地図

これも、もしもの為の備え。迷った時の強い味方。山ではスマホも圏外になるかもしれません。コンパスで方角を確認して、あっ!こっちだ!と地図を見て、進むべき方角を確認します。


山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地 (山と高原地図 38)

その他、時計(防水タイプ)水筒などを準備しましょう。

 

まとめ

はい、という事で、秋の登山の服装と装備でした。

暑かったり、寒かったり、急に変化するので、寒かった場合を想定しておく事が大事ですね。

暑ければ脱げばいいし、寒ければ着ればいい。

重ね着が大事という事ですね。

しっかりと準備して、楽しい登山にしたいですね。

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:関東の登山、初心者がで子供連れで行くなら!こことここ

関連記事:登山に初心者が関東で行くなら電車で行けるこことここ!

スポンサーリンク

遊びコツ

Posted by マミ