iphoneにウイルス対策の必要性は無い、対策アプリもいらないって本当?

2018年12月19日

コンピューターウイルスとか、

スマホの乗っ取りとか聞くと怖いですね。

 

今日はiPhoneのセキュリティについて解説します。

iPhoneにウイルス対策って必要なの?

 

でも、iPhoneってウイルスに感染しないって聞いた事あるけど?

 

とちょっとその辺が曖昧な方の為に、

iPhoneのウイルス対策について解説します。

 

この文章を全部読めば、

かなり安心していただけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

iPhoneにウイルス対策は必要?

私はiPhoneやMacなどのApple製品に詳しいので、

よく友達にこう聞かれます。

 

iPhoneにウイルス対策は必要?と、

その時私が答えるのは、

「もちろんイエス」と答えます。

 

「じゃあ具体的にどうすればいい?」

 

と聞かれたら、

 

「普通に使ってるんだったら、何もする必要がないから、普通に使え」

と言います。

 

それだけで、オッケーです。

 

何故かと言えば、iPhoneは普通に使っていて、

ウイルスに感染する事は無いからです。



iPhoneにはウイルスに感染するという概念は無い

たまにインターネットで色々なサイトを見ていたり、

ニュースアプリなどで記事を読んでいると、

間違って広告をタップしてしまう事があります。

 

そうすると、いきなりこんなメッセージが!

とか、

 

とか、いかにもiPhoneが警告メッセージを出して来ている様な、

表示が出てくる事があります。

 

しかし、

これiPhoneが警告を出しているのではありません。

 

分かりやすく言うと、

アプリをインストールさせる事を目的とした、

悪質な広告が表示されていると考えてください。

 

1個目のポップアップは、

いかにもiPhoneが出して来た警告メッセージの様な言い回しですが、

 

iPhoneには何らかのアプリを入れて、

ウイルスの感染対策をするという考え方が、

そもそもありません。

 

なので、ポップアップでウイルスという単語が出て来た段階で、

偽物だと考えても大丈夫です。

 

また、Appleの公式サポートページなどを見てみても、

ウイルス対策に何かのアプリを入れるとか、

その様な事に言及しているページは全くありません。

 

ゼロです。

 

iPhoneにウイルス対策は必要ないのです。

iPhoneは何故ウイルスに感染しないのか?

iPhoneは何故ウイルスに感染しないのか?

それには2つの大きな理由があります。

 

まず、1つ目はiPhoneにインストールできるのは、

AppStoreの審査を受けたアプリのみです。

という事は、ネット上に転がっている、

わけのわからないアプリをインストールして、

ウイルス感染する心配も無いし、

メールに添付されて送られてきた、

変なウイルスソフトをインストールして感染する心配がない。

 

また、iPhoneのシステム的な問題で、

インストールした1つのアプリから、

iPhoneそのものに対して、何らかの影響を及ぼしたり、

アプリから、別のアプリに対して、アクセスして、

何かを行うという事は不可能なのです。

 

という事は、ウイルス対策のアプリを入れたとしても、

そのアプリからiPhone本体のシステムや、

他の入っているアプリに対して影響を及ぼすという事はできないのです。

 

全くの無意味という事です。

iPhoneを脱獄すると話は別

iPhoneには脱獄という物があります。

 

聞いた事ある人も多いと思いますが、

脱獄はiPhoneのプログラムを改変して、

入れる事の出来なかった無許可のアプリをインストール出来る様にしたり、

ホーム画面を色々カスタマイズ出来る様になったりする行為の事を言います。

 

これは、iPhoneを改造している事になります。

もし、脱獄してiPhoneが故障したとしても、

Appleは修理してくれません。

 

当然脱獄すると、ウイルスに感染するリスクが格段にアップします。

 

Appleが認めていないアプリをインストールする事もできますし、

プログラム自体を改変するのですから、

本来のセキュリティのレベルが低下するのは当然です。

 

なので、別にiPhoneがどうなっても自分で責任が持てるという方以外は、

興味本位で脱獄はしない事をおすすめします。

警告メッセージで脅す悪徳業者さん

ネット上には危険がいっぱいです。

 

iPhoneに限らずインターネット上には、

こうした警告メッセージで脅してくる悪徳業者が後を絶ちません。

 

「ウイルスに感染したので、こちらに電話をかけてください」

と電話番号が出て、電話をかける様に誘導したり、

 

 

また、以前からあるのは、これはウイルスとは違いますが、

 

アダルトサイトなど「サービスに申し込みをしたので、

お金を払ってください」とメッセージが表示されたり、

 

この様な事は当然インチキであり相手にする必要はありません。

不安を煽るセキュリティ業者にも注意

そして、もう一つ私が問題だと思っているのは、

必要以上に不安を煽るセキュリティソフトなどを販売している業者と、

それを宣伝する人達です。

 

当然不安を煽った方が、セキュリティソフトを、

お金をかけて入れようかとならないし、

仕方ないかもしれませんが、いきなり、

 

「あなたのパソコンはウイルスに犯されています!」

 

という脅しの様な文言が出て、

セキュリティソフトの契約をさせようとしたり、

 

また、いかにも今使っているパソコンやスマホが脅威にさらされていて、

セキュリティソフトを入れないと、ひどい目にあうと、

煽って商品を紹介する人達。

 

そして、宣伝する人は裏で業者から手数料を貰ってる。



iPhoneを安全に使う為に

iPhoneを安全に使う為に一番大切なのは、

セキュリティソフトやアプリではありません。

 

まず、脱獄とか余計な事をしない事と、バックアップを取る事です。

 

iPhoneは普通に使っていて、

調子が悪くなる事や誤作動を起こす事はあります。

 

そんな時は、何処に問題があるのかを調べる為に、

iPhoneを復元します。

 

復元とはiPhoneを工場出荷時の状態に戻す事です。

 

もし、復元しても同じ症状が出ている場合は、

iPhone自体が故障しています。

 

ハードウェアの故障という事で、iPhoneを修理に出します。

 

 

もし、復元をして問題がなければ、バックアップを戻します。

 

もし、バックアップを戻したら、症状が再現するのであれば、

バックアップデータに問題があります。

 

バックアップデータに問題がある場合は、

アプリなどを1つずつ削除していって、

動作を確認します。

 

と、こんな感じで、問題がどこにあるのかを探していきます。

 

バックアップを取っていれば、

症状が出た前の時間の状態に戻してみるなど、

様々な対策をする事ができます。

 

なので、パソコンのiTunesか、パソコンが無い人はicloudで、

必ずバックアップは取る様にしましょう。

(スポンサーリンク)




おすすめ記事

おすすめ記事:icloudが他人に見られてると思った時の対処方法

おすすめ記事:Apple ID乗っ取りされたと思ったら、対応の仕方クレジットカード編

おすすめ記事:iphoneのオールリセットできない場合、分からない場合に読む記事

おすすめ記事:iphoneのゴミ箱はどこにある?メモ、メール、写真は復元できるの?

おすすめ記事:iPhone 白い丸いやつやカーソルキーを消す方法、あれ何?

スポンサーリンク

iPhone

Posted by マミ