寝れない時間単に寝る方法、ストレスと不安の対処法はこれだ!

2019年11月21日

この記事では眠れない時に、簡単に寝る方法をお伝えします。

寝れなくて悩んでいた私が寝れる様になった方法です。

 

寝れない理由は色々あると思うのですが、

特にストレスを溜めている時や何か不安がある時、

なかなか寝れないものです。

出典:goo.gl/NJj2v3

ズバリ簡単に寝る方法を解説すると、

1.目を閉じ寝床に入ります。

2.肩の力を抜き、ダラんとリラックスします。

3.そして、どんどん肩の力が抜けて体が軽くなっていく様なイメージをします。

4.頭に何か心配事やネガティヴな事が湧き出てきても、

「もう、いいよそれで」と肯定します。

※そんな事どうでもいいとリラックスします。

そして、もしここで寝れなくても心配する事はありません。

無理に寝なくてもいいのです。

5.そうして、リラックスして目を閉じているだけで、
自分は精神と体力が回復していると肯定的に考えます。

寝る必要は無いのです。

6.そして季節は春、
暖かい日差しの昼下がりに、
穏やかな池や湖で手漕ぎボートを
漕いでいる様子を思い浮かべます。

以上になります。

スポンサーリンク

眠いのに寝れない、疲れてるのに寝れない

ストレスが溜まっている時や、不安がある時、

体が疲れている事は分かっているのに、

寝れないんです。

 

理由は色々あるのですが、

頭が覚醒している状態である事が影響していると思います。

そして、寝ないといけないという変なプレッシャーがかかります。

そして、必死に目を閉じるのですが、

時間だけが経過していきます。

 

そんな状態がしばらく続いて、

 

寝れない!と起き上がります。

 

そして時計を見ると、

 

「えっ!こんな時間!後○時間しか寝れない!」

と、ますます焦ります。

 

中には、「よし、もう寝ないで仕事(学校)に行こう!」

なんて事になってしまう事もあるのです。



思い込みの力そのメカニズムは?

私は独立してから、仕事が低迷して焦っていました。

一日中ずっとパソコンに向かって仕事をしていました。

 

その結果、中々寝れない日があったり、

疲れが取れていない日があったりして、

1週間に1回位の割合で、頭痛と肩こりに悩まされていました。

 

熱いお風呂に入ったり、ストレッチしたりしても、

改善しませんでした。

 

そして、そんな時寝て体力を回復しようとするのですが、

中々寝る事が出来ませんでした。

 

そんな時たまたま本で自己暗示の本を読んだのです。

 

要するに自分に催眠術をかける様なものなんですが、

カチカチに固まった肩がだんだんと軽くなっていくと、

自分で思い込みました。

 

以前テレビで自分の手が温かくなっていくと、

思い込んだら本当に手の温度が上がる、みたいなのを見た事があったので、

人間の思い込みが、何らかの影響を体に与える事を知っていました。

 

この効果をプラシーボ効果と言うそうで、

まだハッキリと科学的に解明されていないそうです。

 

しかし、大学の実験などでは、薬だと言われて飲んだ、
何の効果もない物を飲んだら痛みが消えたりしている。

 

様々な効果があるのは間違いないのです。

 

私は寝ながら凝り固まった肩が軽くなっていくとイメージしました。

 

すると、15分位してからでしょうか、

すっかりと肩のコリが消えて、頭痛も消えてしまったのです。

 

この時人間の体は凄いなと感心したものです。

焦り緊張不安状態から落ち着く方法

寝れない時間が長くなってくると、

だんだん焦ってきます。

焦って来ると、明日起きれないとか、

明日どうしよう?という不安が生まれます。

 

また、緊張して何だかお腹が痛くなるかもしれません。

 

こんな時はどうするか?

 

その答えは全て受け入れる事です。

 

明日起きられなかったらどうしよう?

>別に起きなきゃいい、どうでもいい。

 

明日会社や学校で眠くなったらそうしよう?

>別に眠くなってもいいじゃない、病気になるわけじゃなし。

 

仕事に失敗したらどうしよう?

>失敗すればいいじゃない、死ぬわけでもないし。

 

という感じで、どうでもいいと、

自分の湧き出てくる不安の感情の相手をしなくなったのです。

 

これにまともに答えてると、

そうだな、寝れないと明日起きられないかもしれないし、

じゃあ、今すぐ寝る方法は?

 

とか色々考え出して、益々寝れなくなるのです。

 

なので、夜中に色々考えてもろくな事ないので、

不安な考えはどうでもいいと思いましょう。

 

そうしていると、知らない間に眠っているはずです。

快眠サプリも意外と効果があった

以上の事にプラスして私がもう1つ試した事がありました。

それは快眠サプリです。


ネムリス-nemlis

かなり深い眠りに入る事が出来て、

次の日スッキリ目が覚めます。

 

私が飲んでいるのがネムリスというサプリです。

Amazonでも売っていますが、

公式サイトの方が安いので、買うなら公式で買う事をおすすめします。

一度お試しを。

ネムリス-nemlis

まとめ

■プラシーボ効果で体が軽くなる、リラックスしているという暗示を与える。

■頭に浮かんでくる心配事の相手をしない。

■寝れなくてもいいと考える。

■目を閉じているだけで回復していると安心しよう。

おすすめ記事

ストイックな人って嫌われるの?ストイックが苦手な人の気持ち

基本のサプリは貧血に効くのか?有効成分を調査しました

スポンサーリンク