UFOキャッチャー、クレーンゲームのコツ、ぬいぐるみ?箱?簡単攻略法

2018年11月8日

UFOキャッチャー、私もたまにやりますが、

あれ意外と難しいんですよね。

 

そこでUFOキャッチャーの達人にやり方を伝授してもらいました。

ぬいぐるみだったり、箱に入った玩具であったり、

一発で取れたら、自慢出来ますよね!

 

取り方をマスターしたら、早速チャレンジしてみましょう。

あなたが取りたい景品はなんでしょう?

フィギュア?おもちゃ?ぬいぐるみ?

 

では、早速いってみましょう。

 

スポンサーリンク

UFOキャッチャー、クレーンゲーム攻略法

ゲームセンターに行くとクレーンゲームが置いてあることがありますが、取れそうなところにおいてあるのにいざお金を入れてプレイしてみると、ぜんぜん箱が持ち上がらなかったり、同じ場所を行ったり来たりして、取れる気配がまったくない、という状態に陥ったことはないでしょうか?

そこで、クレーンゲーム暦10年の私がクレーンゲームで景品をGETする時に、注意するポイントと、置かれた設定についての攻略のコツをまとめました。

2015y09m27d_103052080

 

橋渡しの攻略方法

橋渡しのように箱が設置してある配置です。
この場合、狙うのは箱の端です。
箱の端を持ち上げると一方が穴に落ち込みます。

そうなったら箱をシーソーで持ち上げる要領で、箱の落ち込んでいない部分に爪をかけます。

クレーンが上に戻る力で箱が垂直になって落ちます。
箱に重い部分、軽い部分があります。

軽いほうを狙っていくほうが動く範囲も大いのでおすすめです。

爪を引っ掛けても落ちない場合は爪で全体を、押してみるのも効果的です。
くれぐれも真ん中をつかむようなことはしないようにしましょう。

 

反動台の攻略方法

反動台とは箱の端を爪でなんども引っ掛けて、

その反動で景品を移動させて取る方法です。

ラウンドワンなどでお菓子がこの方法で置かれていることが多いです。

このような台の場合は1手目が重要です。なるべく大きく反動で、
動かすためには爪を箱のぎりぎりに引っ掛ける必要があります。

穴の近くまで移動できたら爪で景品を押し込むと取れます。

 

スーパーボール台の攻略の仕方

スーパーボールにプラスチックの板が引っかかっていて、
その先に景品がついている設定は板を左右をにずらしていかないといけません。
大きく板を動かすには、プラスチックの板の端のぎりぎりのところで、
爪をかけないといけません。実はクレーンゲームのアームの開きは、
アームの第二間接部分まで開く仕様になっています。

 

つまり、爪をかけたい場所にアームの間接部分が来るように操作していけばいいのです。
プラスチック台は基本的に地道な作業が必要になりますので、
レベルが高い台といえます。

大きなアームのキャッチャーの攻略法

最近お店にある三つの鉤爪がついた大きなUFOキャッチャーがあります。
実はあの機種はアームを下ろすボタンが掴むボタンも兼ねています。
実際に機種に説明がないので気がつかないで遊んでいる人もいますが、
掴むボタンを押さない限り、アームを下ろしても力が入らない仕組みになっています。

 

しかも地面にアームがついてしまうと掴むボタンは反応しなくなります。
アームが地面につく手前で掴むボタンを押すとバシッと音を立ててアームが閉じてくれます。
これを使うと景品が持ち上がりますので上手く穴に近づけて取ることができます。

 

まとめ

UFOキャッチャーのコツを簡単にまとめましたが、

じつはこれでも100パーセント景品が獲得できるのを保証するわけではありません。

お店によってアームの力が極端に弱く設定されていたり、

爪の部分がつぶしてあって、

景品に引っかからないように細工されてあるものもあります。

UFOキャッチャーが得意な人は実は、

景品が取れる台と取れない台を見分ける目を持っています。
取れる台を見極めることが景品GET率をあげるコツです。

 

スポンサーリンク

遊びコツ

Posted by マミ