ブログ記事の書き方、達人が教えるブログライターの極意

2018年10月13日

今日はブログの記事の書き方をベテラン副業ライターさんに、

聞いてきました。

この方は実績もあって、キャリアも長く、達人と言っても過言では、

ありません。

そんな方に聞いてきましたので、参考にしていただければと思います。

 

では、早速いってみましょう。

 

スポンサーリンク

文章作成・稼げるライターになるコツ

今日はハウツー情報の話です。
私自身が得意なあることのコツを、特別にこっそり教えます。
それは「文章作成・ライティングのコツ」です。
ブログ記事の作成から、在宅ライターのお仕事まで、
あらゆる文章作成・ライティングに適用できます。

2015y09m27d_235308079

 

[文章を書ける条件]
私は副業程度ですが、ライターの仕事をしています。
いわゆる在宅ライターです。
ライターのお仕事の最大の良い点は「基本的に誰でも、一応はなれる/できる」ことです。
基本的に誰でも、ライターになる、仕事を始めることはできます。
条件は「稼働に必要な言語の読み書きができること」と、

「参考資料の意味がわかること」です。
「稼働に必要な言語」とは、仕事をするときに必須の言語のことです。
日本国内の場合、ほとんどの仕事では日本語です。

[ネタ切れ対策]
実際にライターとしてお仕事すると、誰でも一度は困るのがこれです。
私自身も相当、困っています。
ですが、ネタ切れを制した人からライターで成功します。
ライターの仕事で稼ぐには、ネタ切れ対策が最重要とも言えます。

[同じ記事は転用できない]
ライターの仕事をしていて、

誰でも一度は思いつくのが「過去に書いた記事の転用」です。
たしかに、もしそれができれば効率が良いです。
ですが、実際は全く同じ記事は他では使えません。
書き直す、リライト作業が必要です。

[リライト作業も案外、大変]
元になる記事を書き直すリライト作業も、実は大変な作業です。
大概の場合、仕事の発注者様は原稿の受取後にコピーチェックを行います。
この基準が、

一般的には「10文字以上、既存の文章と全く同じ表現があったら不可」とのことです。
この基準に抵触しないようにリライト作業を行うと、実は大変です。
私はオリジナルの文章を書くのと殆ど変わらない気がします。

[リライト作業は、オリジナルの文章を作成のつもりで]
リライト作業にはポイントがあります。
「元記事が何だかわからないくらい、全く違うように書き直す」ことです。
こんな場合がよくあります。
「後からコピーチェックを行うと、一応は抵触しなかった、
でも元記事が何かは一目で明らか、むしろバレバレ」
一応は間違ってはいませんが、より上のレベルを目指すには不充分です。
さらにキメ細かくリライトしましょう。

[緻密なリライト作業で、稼げるように]
仕事ができる、稼げる上に文章力も評価されるライターは、
「リライト記事を作成しても、オリジナルの記事と思われる」ものです。
それくらい緻密に抜かりなく、リライト作業を行います。
だから「リライト作業よりも、オリジナルの記事を書くほうがラク」と感じるのです。
これくらい緻密にリライト作業をできれば、ライターとしての成功は近いです。
参考資料をリライトすれば、オリジナルの記事になるからです。

ライターとしてお仕事できる条件は
「参考資料をリライトして、オリジナルの記事を作成できること」
結局これがライターの仕事で稼げる極意です。

 

おすすめ記事

おすすめ記事:食べ放題のコツ、たくさん食べる方法は?コツを掴んでお得に

おすすめ記事:カワハギの釣り方のコツ、キモはアタリにあり!

おすすめ記事:ブラインドタッチのタイピングのコツ、練習法、上達法を伝授

スポンサーリンク