和歌山マリーナシティの釣り、無料と有料ポイントの違い

2018年10月20日

和歌山と言えば、海に魚!和歌山マリーナシティで釣りをしよう!

となった場合、

どこで釣りをすればいいのか?

また、無料で釣りができるのか?それとも有料なのか?

がイマイチ分かりづらいので、分かりやすく解説したいと思います。

 

和歌山マリーナシティの釣りは、目的や用途によって選べる様になっていますので、

初心者からベテランまでが楽しめるスポットなんですね。

 

和歌山マリーナシティは大きく分けて、

3つのポイントに分かれています。

 

■家族連れからベテランまで、楽しめる大波止(無料)

■竿、餌、ライフジャケットまで、借りれるお手軽、海釣り公園(有料)

■タイが保証されている海洋釣り堀(有料)

というふうな感じです。

 

だいたいイメージ出来ますでしょうか?

かかる料金もそれぞれ違いますので、その辺も解説します。

 

スポンサーリンク

和歌山マリーナシティでの釣りの楽しみ方

駐車場代だけで楽しめる大波止

大波止で釣る場合は、釣り道具は自分で持参する必要があります。

レンタルはありません。

家族連れで来る人や、

釣り付きのベテランもたくさんやってきます。

出典:goo.gl/tNehwC

出典:goo.gl/k6EVqS

どんな仕掛けで釣る?

サビキ釣り

投げ釣り

ウキ釣り

落とし込み釣り

ルアー釣り

という具合に様々な釣りが楽しめます。



よく釣れている魚

アジ、サバ、イワシ、チヌ、ハネ、セイゴ、ガシラ、キス

その他釣れる魚

マダイ、チヌ、アオリイカ、タチウオ、タコ、カワハギ、イシダイ

釣れる魚も種類が多いですね。

当然季節によって釣れる魚も変わってきます。アジも結構大きなアジが釣れる様です。

海の中は魚だらけ

大波止の海の中を撮影した動画です。

 

駐車場代

大波止は入園料は無料です。駐車場代は500円〜1000円です。

海釣り公園

出典:goo.gl/9YjrdK

海釣り公園は、島の南側にある全長570メートルの防波堤です。

海釣り公園は手ぶらで行ける釣り公園です。

竿や仕掛け餌など全てレンタルする事が出来ます。

 

もちろん自前の釣り道具を持ち込む事も出来ます。

とにかくお手軽。

急に釣りがしたくなったという場合、

この海釣り公園は超便利です。

 

楽しめますよ!

仕掛け

サビキ釣り

ウキ釣り

投げ釣り

落とし込み釣り

など

入園料

大人(中学生以上)800円 小学生500円

貸し竿 1500円

竿や釣り道具を持っていかなくても、現場で調達できるのがいいですね。レンタルの仕掛けはサビキ釣りになりますね。

駐車場代

1日 1000円

 

海洋釣り堀

海洋釣り堀は、その名の通り海の釣り堀です。

入園料は当然かかりますが、釣り堀なんで、大物が狙えます。

また鯛が保証されているので、

全く釣果なしでボーズという事がありません。

 

釣った魚をその場で食べる事も可能です。

とにかく大きな魚を釣って楽しみたいという方には海洋釣り堀がおすすめです。

楽しい事は間違いないです。

※鯛の保証は1日入場で鯛2尾、半日入場で鯛1尾

入園料

終日(7:00〜15:00)

大人(中学生以上)10300円 小学生 6200円

半日(10:30~15:00)

大人(中学生以上)7200円  小学生 4100円

貸しざお1500円

釣れる魚

タイ、ブリ、カンパチ、シマアジ、ヒラメなど

仕掛け

ウキ釣り

 

まとめ

和歌山マリーナシティの釣りは、

無料の地域の大波止と、有料の海釣り公園、そして海洋釣り堀の3種類

大波止は無料、海釣り公園と海洋釣り堀は有料。

釣り道具を持っている人は、大波止、

持ってない人は、

海釣り公園か、海洋釣り堀。

(スポンサーリンク)




合わせて読みたい

カワハギの釣り方のコツ、キモはアタリにあり!

スポンサーリンク

遊びコツ

Posted by マミ