ねぶた祭りに観覧席は必要なのか?値段と購入の仕方

2018年6月30日

青森のねぶた祭りは、毎年8月2日から8月7日に行われる夏のお祭りです。

このお祭りを見ようと、毎年約200万人以上の観光客が訪れます。

 

凄いたくさんの人が来る為に、有料の観覧席が用意されているんですが、

観覧席を買わずに行った場合、楽しむ事が出来ないんだろうか?

という疑問が湧いてきます。

 

せっかくお金を出して観覧席のチケットを買ったのに、

行ったらそんなに混んでなかったとか、

観覧席のチケットを買わずに行ったら、凄い人で全然楽しめなかったとなったら、

最悪ですよね。

 

ネットを調べてみると、行ったら凄い人で身動き出来なかった。

今度行く時はチケットを絶対買うという書き込みをしている人もいますし、

逆に、観覧席のチケットがなくても問題ないよ、

観覧席よりねぶたを近くで見れるので、

買わなくていいという書き込みもあります、どういう事なのか?

 

という事で、調査してみました。

スポンサーリンク

ねぶた祭りの観覧席(有料)は必要なのか?

まず、結論から書いていきましょう。

ねぶた祭りは人出が多い日とそんなに多くない日があります。

人出が多い日は、身動き出来ない程人が集まりますし、

そうでもない日は、ゆったりと見れるのです。

 

なので、人がごった返してると予想される日は、

観覧席をおすすめします。

まず、ねぶた祭りの日程をご覧ください。

8月1日 前夜祭

8月2日 子供ねぶた+大型ねぶた

8月3日 子供ねぶた+大型ねぶた

8月4日 大型ねぶた

8月5日 大型ねぶた

8月6日 大型ねぶた (大賞と各賞発表)

8月7日 大型ねぶた(昼)海上運行と花火(夜)

ねぶた祭りの人が多い日は?

ねぶた祭りは、8月2日から7日までの6日間行われます。

8月の2日と3日は、

子供ねぶた半分、大型ねぶた半分が出てきます。

子供ねぶたは、各町会などのねぶたで、

大型ねぶたと比べて規模や迫力が全く違います。

 

テレビなどでお馴染みの壮大なねぶたは、大型ねぶたです。

出典:goo.gl/HVCikv

 

最初の2日は、子供ねぶたと大型ねぶたが各15台位出て来るので、

全て大型ねぶたが登場する4日以降人が多くなると言われています。

また、平日と比べて土日と重なる日程はとくに人が多くなるとも言われています。

 

最後の日、8月7日は13:00~15:00が大型ねぶたの運行、

19:15~21:00頃まで、海上運行と花火大会となっています。

 

この日は、昼間と夜の二部構成になっています。当然昼間の方は、

ねぶたに灯が入らないので、迫力にかけます。

海上運行は受賞したねぶた(約6台)を見る事が出来ます。

 

この海上運行を見たい場合は、フェンスで囲んだ先で行われる為、

観覧席に行かなければ、受賞したねぶたを見る事が出来ません。

 

なので、この海上運行を見たい人は観覧席は必須となります。

花火のみ見る場合は、観覧席は必要ありません。

 

という事で、4日、5日、6日は全てが大型ねぶたになるので、

人が多い事が予想されます。

 

その中でも、土日とかぶる日は、かなりの人が来るので、

観覧席がおすすめですね。

 

で、最後の7日は、夜の海上運行が見たい人は、

観覧席を買うという事ですね。

ねぶた祭りの観覧席の料金と購入方法

観覧席の料金はこの様になっています。

指定席

1枚2600円

自由席

1枚2300円

車椅子専用席

1枚2000枚

付き添い

1枚2600円

8月7日昼と夜セット券

1枚6600円

3歳以下は膝上鑑賞は無料、席が必要な場合有料。

席の種類

桟敷席(ビニール製のゴザ)

3号席(床が高くなった桟敷席)

パイプ椅子席

という様に、場所によって違いがある。

買い方

買い方はコンサートチケットと同じ様に、

チケットぴあやローソンチケットなど各チケット販売会社を利用する方法、

青森市内での店頭販売、青森観光コンベンション協会で、電話、窓口販売が行われている。

 

※チケットぴあの観覧席の発売開始は6月30日の午前10時からです!

チケットぴあをご利用の場合は、チケットの検索窓の横の詳細設定を押し

祭り・花火大会のチェックを入れ、開催地のエリアを東北にして、検索をかけてください。

チケットぴあ

車で行きたい

当日周辺の駐車場はかなり混む事が予想されます。そんな時、駐車場の予約が便利です。下記サイトから予約ができます。
駐車場予約サイトakippa

※この駐車場予約は10日前から予約可能です。

レンタカーをご利用の場合は、下記の比較サイトをご利用ください。
全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】

まとめ

■ねぶた祭りは、日によって人が多い日と少ない日がある。

■子供ねぶたが出る2日、3日は比較的少ない。

■土日と重なる日は人が多い。

■海上運行を見るには観覧席が必要。

 

おすすめ記事

おすすめ記事:ねぶた祭りの観覧席のおすすめ席はこの3箇所だ!

スポンサーリンク