右翼と左翼をわかりやすく解説、語源は?右翼、左翼の定義ってなんだ!

右翼と左翼をわかりやすく解説

右翼と左翼という言葉をよく耳にしますが、

実際にはどのような違いがあるのか、

わからない人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは右翼と左翼の違いについて紹介します。

まず、右翼と左翼という言葉ですが、

語源はフランスにあるといわれております。

 

議長からみて右側の席に座っている人を右翼、

左側に座っている人を左翼と呼んだのがはじめだそうです。

 

どちらに座っているかによって根本的な考え方に違いがあることから、

現代まで引き継がれています。

 

※今回の解説で政党の名前が出てきますが、政党の名前は結構変わるので、

古いままになっている場合は、今どんな名前になっているのか自分で調べてね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

右翼と左翼はここが違う!

【右翼】

右派、保守派とも呼ばれます。

保守、愛国心、国粋主義的な思想を持つ者で、

「より安定した社会を目指すための社会制度を支持する層」と解説されます。

 

天皇制を固持するのも右翼で、

街宣車を用いて大音量で軍歌を流している方も含まれます。

今の日本の政党に関して右翼とされている政党はありません。

2016y07m14d_004642657

【左翼】

左派、革新派とも呼ばれます。

急進的、革新的、革命的な政治勢力や人のことで、

「より平等な社会を目指すための社会変革を支持する層」と解説されます。

今の日本の政党で左翼とされているのは、

日本共産党や社会党があります。

 

日本においては右翼と呼ばれる政党はなく、

左翼と呼ばれる政党は日本共産党や社会党ですが、

では自民党や民進党、維新の会はどうなのかというと、

中道右派、中道左派や特になしと分類されているものがほとんどです。

 

どちらか一方だけに偏った政党というのは少ないのが現状です。

また、時代や国においても定義が異なっているようです。

 

憲法を例にとってみましょう。

 

世界的にみると、右翼は護憲派、左翼は改憲派とされていますが、

日本では、右翼は日本憲法を作り直す改憲派、

左翼は憲法第9条の平和主義を守ろうとする護憲派と分類されています。

 

このように右翼左翼とは常に対立しているもののように思われがちですが、

右翼の中にも右左があったり、左翼の中にも右左があったりしますので、

実際には寄り添っている部分もあるようで、

明確な区別が難しいという状況です。

 

右翼と左翼の違いを簡単に説明すると、

右翼は国家主義的て、左翼は国際主義的です。

右翼と左翼の違いを一言で説明すれば、

右翼は国家主義的で、左翼は国際主義的です。

これはどういう事かといいますと、

右翼にとってもっとも重要な基準は国であり、

国家主権や国の誇りといったものにこだわります。

これに対して左翼は国といったものにはあまりこだわりません。

かわりに国際的な連帯などの、国際的枠組みを重視します。

違いはこれだけなのかと言いますと、

実はこれだけしかありません。

 

昔は右翼と左翼の枠組みはもっとわかりやすかったのですが、

左翼の親玉であるソ連の崩壊と冷戦の終了により、

右翼的なものと左翼的なものがぐちゃぐちゃになってしまい、

これといった違いが、国を重視するか、

それともあまり重視しないか程度しかなくなってしまったのです。

これをよく表しているのが、右翼政党の国内政策、経済政策です。

 

昔は右翼政党が新自由主義的な政策を取り、

それに対して左翼政党が再分配政策をとっていました。

 

しかし、今勢いのある右翼政党はどこも新自由主義な政策を否定しています。

例えば、フランスの「極右」政党である国民戦線は、

国内政策では左翼政党である社会党とあまりかわらない政策をとっています。

(ただし移民に対する政策はまったく違います)

同じくアメリカ大統領選の「極右」候補であるトランプ氏の国内政策も、

(人種、移民政策を除けば)右翼政党である共和党の政策より、

左翼政党である民主党の政策に近いです。

(スポンサーリンク)




他にも欧州で勢いのある右翼政党は、

国家主権を重視し反移民であることを除けば、
右翼というより左翼に近い政策を掲げています。

 

政党がこのような有様なので、

個人もまたぐちゃぐちゃになっています。

 

従来の基準で言うと右翼と言うより、

「愛国左翼」とでもいうべき人たちが増えています。

 

つまり、国家主権や愛国心を重視するけど、

弱肉強食的な新自由主義的には反対し、

またネットへの規制強化など国の国民に対する統制を、

強める各種規制には反対するという、

従来の基準で言うと右翼なのか左翼なのか分からない人が増えているのです。

なので、今現在右翼と左翼を区別する物差しは、

国の誇りとか愛国心とか、そういったナショナリズム的なものにこだわるか、

それともあまりこだわらないか、

その程度しかないのです。

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:ウクライナ問題を分かりやすく、ロシアと欧米諸国の代理戦争だ

関連記事:第一次世界大戦を分かりやすく解説、こんなに泥沼化するなんて!

関連記事:ポツダム宣言をわかりやすく解説、内容、関わった国は?

関連記事:まどかマギカ(アニメ)感想と評価、ネタバレもあるよ