粉ミルクの作り方のコツ、これは早くて便利で安全だ!

2019年11月21日

粉ミルクは母乳の代わりに赤ちゃんに与える事ができる、

牛乳を原料とする、粉状のミルクです。

粉ミルクには、母親の母乳に近い成分が含まれています。

 

ビタミンや様々なミネラル、DHAやラクトフェリン、などが入っています。

また、アレルギーを持っている赤ちゃん用の粉ミルクも販売されています。

赤ちゃんには、昼夜を問わず、2、3時間ごとに授乳させなければいけないのですが、

これが結構大変です。

 

赤ちゃんは抵抗力が弱いので、雑菌に注意して、

ミルクを作ったり、容器を消毒したり、また、ミルクはお湯で作るのですが、

人肌の温度に冷ます必要があったりします。

 

そんな大変な赤ちゃんにミルクを与える作業ですが、

少しでも負担が軽減できる様に、準備しておけば安心です。

スポンサーリンク

安全安心な粉ミルクの作り方のコツとは?

粉ミルクの基礎知識

粉ミルクを赤ちゃんに作ってあげるうえで、基本となる知識をまず説明します。

70度以上のお湯で作る

粉ミルクは70度以下のお湯では溶けにくく、雑菌が残る可能性がある為、

70度以上のお湯で作ります。

しかし、100度の熱湯で作る事は推奨されていません。

何故なら、粉ミルクに含まれる栄養素が破壊されるからです。

 

なので、お湯を沸かしたとしても、お湯が少し冷めてから、

粉ミルクを作らないといけません。

大変ですね。



哺乳瓶は使う度にしっかりと消毒する

赤ちゃんはとっても、デリケート。

哺乳瓶やその他、赤ちゃんの口に入る物を入れておく容器は、

きっちり消毒しましょう。

使う時は、毎回消毒するようにしましょう。

粉ミルクは2時間以内に飲ませましょう

ミルクを作ってから、2時間以内の物を赤ちゃんに与えます。

2時間以上経過したミルクは躊躇なく捨てましょう。

常にクリーンな物をあげましょう。

水道水で作りましょう

粉ミルクは、水道水で作る事を前提に作られています。

粉ミルクには、様々なミネラルが含まれています。

 

ミネラルウォーターにも、ミネラルが含まれている為に、

必要以上にミネラルを取っては、赤ちゃんの負担になります。

 

日本の水道水は、水質基準が厳しいので、清潔です。

水道水を沸騰させるだけで、粉ミルクに最適な水になります。

 

単なる水、ミネラルウォーターの方が清潔なんじゃないの?

なんて思ってしまいますが、違うんですね。

40度位の人肌に冷やして飲ませる

粉ミルクは70度以上のお湯で作ると言いましたが、

当然そのまま飲ませてはいけません。

 

冷やして、飲みやすい温度、人肌位の40度前後に冷ましましょう。

ここからが本題、粉ミルク作り方のコツ

少しでも手間が省ける様に、効率よく作れる方法を紹介します。

また、赤ちゃんの健康の為に、雑菌には注意します。

調乳ポットを使う

調乳ポットは、粉ミルクを作る時に適した温度のお湯を維持してくれる便利なアイテムです。水を入れると、水を沸騰させ、ミルクを作るのに適した70度前後を維持してくれる。

粉ミルクを作る度に、毎回毎回、お湯を沸かして、冷ますという作業が軽減されます。

ミルクはキューブタイプ、スティックタイプが便利

ミルクは小分けにして売っている物が便利です。まず、衛生的。

そして外出の時など、持ち運びに便利です。

飲ませる時に、袋から出してポンと入れるだけ、簡単ですね。

 

湯冷ましを作っておく

70度から80度のお湯で作った粉ミルクを、赤ちゃんが飲みやすくする為に、

40度前後に冷やさないといけません。

その為に、湯冷ましを使います。

 

水を沸騰させて、冷蔵庫で冷やしておきます。

沸騰させて塩素を飛ばした水を冷やして湯冷ましにするんですね。

 

粉ミルクを作ったら、そこに湯冷ましを混ぜて、

人肌の温度にするわけです。

 

湯冷ましの保存する場所は、やはり冷蔵庫がいいですね。

というのが、沸騰した水道水は、

殺菌する為に入っている塩素がとんでしまい、

雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

そして作った湯冷ましは、その日のうちに使い切ってしまいます。

次の日は新しい湯冷ましを作ります。

湯冷ましを入れる容器も、しっかり消毒します。

 

容器の消毒は煮沸消毒(しゃふつしょうどく)または、ミルトンなどで、消毒しましょう。

 

最後に

はい、という事で、粉ミルクの作り方のコツについてのお話でした。

赤ちゃんはデリケートなので、とにかく雑菌に注意して、

消毒をしっかりするという事ですね。

 

また、赤ちゃんがミルクを飲む頻度が多いので、

負担にならない様に、効率化するというのも大切ですね。

粉ミルクは男性でも赤ちゃんに与える事ができるので、

男性にこそ学んでいただきたい内容ですね。

(スポンサーリンク)




おすすめ記事

乳児湿疹にアロベビーローションの評判がいい!口コミ分析からリスク回避

バイオエタノール暖炉は暖かいの?火事や燃費についても調査

スポンサーリンク